セラミックのフライパンってどう選ぶ?

セラミックのフライパンの選び方

コーティングで選ぶ

セラミックコーティングのフライパンはくっつきにくいだけでなく、遠赤外線が放射されることで中火でも火が通りやすいと言われています。

セラミックコーティングの耐摩耗試験を行っているものは、回数が多いフライパンの方がコーティングが長持ちすると考えられます。中には、100万回以上の耐摩耗試験にクリアしているものもあります。

耐久性と耐摩擦性能を上げるためにダイヤモンド粒子を配合しているものもあれば、天然石のヒスイを配合することで表面硬度が9Hのフライパンもあるようで、こちらはなかなか見かけない、内面までグリーン色の特徴的なフライパンです。

セラミックコーティングは表面硬度が高いと言われているだけに、コーティングのフライパンでは珍しく金属のヘラが使えるとされているものも多いですが、やっぱりコーティングなだけに、長く使っていくのであれば金属以外の調理器具を使っていきたいところです。外側までコーティングされていると汚れても簡単に洗えてラクに使えますね。

また、PTEEやPFOAと呼ばれる、人体や環境に影響をおよぼすと懸念されている化学物質が使われていないものにも注目したいポイントです。

持ち手で選ぶ

フライパンの持ち手を取り外せることで、収納時に鍋同士を重ねられて便利です。内側が白いので、取っ手を外してそのままお皿のような感覚で使えます。鍋から直接食べているという感覚があまりないのが特徴的です。

鍋と持ち手が出っ張りのある留め具で接合されているものは、その部分が使っていくうちに汚れたりするので 留め具のないものの方が清潔に使えそうです。

フライパンの素材で選ぶ

フライパン自体の素材にはアルミニウムやステンレスが使われており、その両方が組み合わされているものもあります。

アルミニウムのものでは、鍋自体が薄ければ熱で変形しやすく、厚い作りだとアルミの利点である軽さが感じられなくなるので、底は厚く、側面は薄いような作りのものが使いやすそうです。ダイキャスト製であれば丈夫で安心ですね。軽量さを重視して作られているものもあるので、とにかく軽いものをお探しの方はフライパンの重さにも注目したいところです。

IHに対応しているかで選ぶ

コーティングのフライパンではIHで使えないものもある中で、セラミックもコーティングなので気になるところですが、比較的IHに対応しているものが多いので、お使いの熱源がIHであれば対応しているかどうかはしっかりと確認しておきたいですね。

色で選ぶ

セラミックコーティングはフライパンの内側が白色で特徴的なので、どちらかというと女性が使いやすいカラーリングのような気がしなくもないところです。中には黒いセラミックのフライパンもあるので、白いフライパンはちょっと...と思っていた方にはこちらがおすすめです。

一般的なフライパン外側のカラーリングって、メタル色や落ち着いた色のものが多いように思いますが、セラミックフライパンは色んなカラーが用意されているものがあり、お使いのキッチンのテーマに合わせて選ぶのもいいですね。

アイリスオーヤマ セラミックカラーパン

コージークック セラミックパン

京セラ セラブリッド

口コミ

各ショッピングサイトに投稿されている京セラ セラブリッドの口コミは、以下のそれぞれのリンクからご覧になれます。

※それぞれの口コミ投稿数は、私が確認した時の情報です。 最新の情報は各リンク先からチェックしてみてください。

楽天市場

Yahooショッピング